目の前にいるのは誰だ

Just another WordPress site

ペリー来寇

9月 2nd, 2014 Posted in 未分類

以前にもモリソン号と言うアメリカの外交使節船が訪れていたが、幕府は上陸さえ許さず、大砲の威嚇射撃を行い、追い払うと言う事件が起きていた。
しかしその後もアメリカは辛抱強く日本との柔軟な外交関係を目指し、海軍軍人ビッドルを派遣してくる。
ペリー来寇の実に7年前の事である。
ビッドルが日本に対し求めたものは、モリソン号と基本的に変わらず、捕鯨の際にアメリカの捕鯨船に補給を約束する事とその基地となる港の開港だった。
ビッドルを始め当時のアメリカには日本に対しての軍事的・領土的野心は一切無く(現在とは対照的である)、対等な関係を結ぼうと訪れた紳士的なビッドルを幕府の役人は何と殴打して追い返してしまう。
ここで判るのはペリー以前のこの段階の日本にはアメリカとのその後の外交関係に(非常に)有利な選択肢が存在していた事である。
それにもかかわらず時の幕府は狼狽、小田原評定の様を呈し、その優柔不断に過ぎる外交政策はアメリカの日本に対する強硬姿勢を呼ぶ事となり、ビッドルより遥かに「軍人的」なペリー提督の派遣を決断させ所謂「砲艦外交」を招く事になってしまう。
ここが日本に決断を強要するには「恫喝が一番」と諸外国に認識させる一件となってしまった。
蛇足だが、日本という国に潜在的悪意を持ち、植民地化を企む国も幾つか存在した。
その代表がイギリスとフランスであった。
イギリスは腹に一物を隠し、一時清国で行った様な傍若無人振りを働くが、当時の薩摩藩と交戦する事により、日本の将来における潜在的な国力の増長に気付き、交戦対象と言うより有望な取引相手と認識し、和解。
以後、薩摩藩の最大のパートナーとなり、後の明治維新の一翼を担う事になる。
一方のフランスはイギリスと組んだ薩摩藩最大の敵である幕府側に付き、武器の供給と軍艦の提供等様々な策を弄するが、大政奉還後の急速な幕府失速と崩壊によりその野望は潰えている。
ミュゼ岡山

コメントは受け付けていません。

胃の健康は心の健康から

7月 31st, 2014 Posted in 未分類

胃の調子を崩して2年が経とうとしています。最初は、キリキリとした痛みが3日続いたり食道全体がザラザラとした感覚があったので食べ物を見ると食欲が無くなり吐き気がしてしまったので料理もまともに出来ず、なんとか家族の分を自分のものとは分けて工夫して作っていたりしていました。当初、原因は腹痛に感じたので単なる食べ過ぎかと思いましたが、診察の結果、ストレスによるものでした。両親や親戚に不幸があったのでその度に手伝いに遠方の地を行き来していたことで自分のキャパシティーを超えた事が原因だったようです。実際、頼れる兄妹もいなかったので手続き関係を全て私がすることになったのですが、親戚も多く連絡が取れない人もいてとても大変だった記憶があります。なのでそれがほぼ終わった時期に身体が負担を認めたような感じなのだと思います。病院にすぐ行き、血液検査等を受け非びらん性の逆流性食道炎と診断されました。医師の方の説明によるとこの病気は、血液検査などで特別な異常が見られないので器官の働きが悪くなっているというのが特徴らしいです。なので薬を飲んでも1年以上は大きな回復を実感出来ない日々が続いていて最終的には心療内科をすすめられ今に至ります。通いだして1年経ちますが今はそこのみの受診でお腹の調子も落ち着き脂身や香辛料、お酒に気を付けていればそこそこの困難も対処しつつ回復に向っています。突然訪れた不調に最初は、混乱しましたが改めて健康が心身共にということを実感しています。
プエラリア

コメントは受け付けていません。

空き巣に狙われたらどうしようもないらしいので

7月 17th, 2014 Posted in 未分類

はてなブックマークで話題になっていた、ラーメン屋さんが空き巣に入られたというブログ記事を読みました。
そこには空き巣によって無理やりこじ開けられて破壊されていた券売機の画像がありかなり衝撃的でした。
私は空き巣と言うとこっそり忍び込んでこっそり物を盗って行くだけの大人しいイメージを持っていたのですが、その画像を見ると二度とそうは思えないでしょう。
空き巣なんて強盗と同義なのだなと思いました。

その記事には空き巣に狙われたら実質対処しようがないことが書かれています。
錠をしても焼き切られてしまうし、今は全国を渡り歩く犯罪グループがいるのですが、その人たちは証拠をほとんど残さないので警察もお手上げ状態だそうです。
私はお店を経営しているわけではないですがそういうの怖いですよね。

我が家は昼間はいつも鍵を開けっ放しで、要介護者の家族の介護に来てくれる業者の方が自由に出入りしています。
今のところ問題は何もないのですが、悪意ある人が来たら何でもし放題なので改めて考えると怖いことです。
対策はどうするべきかと言えば普段は質素に振舞うとともに、お金をしっかり隠しておく、というぐらいでしょうか。

あと、もしお金を盗られても生きて行くのに困らないように、普段から勉強と実践をしっかりしておこうと思いました。

コメントは受け付けていません。

紅白歌合戦と好きなアーティスト

4月 11th, 2014 Posted in 未分類

今年の紅白では、毎回かかさず見ていた「あまちゃん」を久々にテレビで見られて、懐かしさに浸っていました。
きょんきょんが登場した後に、いったん曲が終わり、薬師丸さんが出ないんだ~と思っていたら、粋な演出で登場してくれました。
うれしさで一杯になりました。
ところで、私は個人的にはE-girlsを応援しています。
音楽番組が好きで、よくMTVやスペースシャワーTVをつけています。
その中で、夏の終わりの曲、「Flower」がせつなくてお気に入りでした。
しかも、ダンスがすごい!の一言です。
さすが、Exileの妹というだけあります。
筋肉や骨についていけない二の腕と太ももが踊りの激しさを教えてくれます。
先日、息子のキャッチボールの手伝いをしていたら、二の腕が筋肉痛になってしまい、できることならE-girlsを見習いたい・・・。
また、水樹奈々×T.M.Revolutionの革命デュアリズムにも、圧倒されました。
T.M.Revolutionはデビュー当時から応援しているので、水樹奈々さんとのコラボでこの組み合わせはすごい!の一言です。
西川さんはガンダムの中でゲスト出演(声優)をされていたこともありますが、このまま爆発的な歌声で、歌手活動を続けてほしいと思います。
長男は Sekai No Owari、次男はゴールデンボンバーが大のお気に入りです。
今年の紅白では、偽物ゴールデンボンバーにまんまとだまされてしまいましたが、兄弟は大うけでした。
音楽をつけていると、兄弟喧嘩が少ないので、普段から音楽を聴いています。

コメントは受け付けていません。

ざわちんのメイク本がスゴイ!

4月 4th, 2014 Posted in 未分類

今日は本屋で雑誌の立ち読みしていたら、レジの近くにあった本に目がとまりました。
それは、今TVで話題のざわちんさんのメイク本でした。
板野友美さんから始まり、ローラ、桐谷みれいさん、菜々緒さんなど、滝川クリステルさんなど、
あらゆるジャンルの芸能人をものまねしていました。
しかも、ちゃんとスッピンの状態からどうやって作っていくかを細かく教えてくれるので、
自分でもメイク道具さえあればできちゃうかもしれないなぁと思いました。
それにしてもスゴすぎるなぁ。
元々目の幅があるからモデル向きの顔なんだろうけど、別人になれちゃうんだもんなぁー。
この本を見てコンタクトレンズでも印象がだいぶ変わることを知りました。
あと目の二重の幅も自由自在でビックリ。
メザイクっていうのかな?透明なテープみたいなので二重作ってくんですね。
そういえば、最近ではオリンピック選手だった羽生くんと真央ちゃんの
ものまねメイクもやってましたよね。
二重を一重にしちゃうんだから整形外科の先生もビックリ仰天ですよね。
中でもKARAのメイクはすごかった。
ジヨンちゃんのちょっと三白眼風もちゃんと表現できてました。
コンタクト外して黒目を弱くすることで似せれるんですね。あとカメラの向きかな。
とにかくまだまだ楽しませてくれそうです、この本!
車売却

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報